札幌工務店で注文住宅を建てる!「天井の高さ」

2022/07/22
スタッフブログ
お知らせ
コラム
豆知識
家づくり
住まいの悩み
札幌工務店で注文住宅を建てる!「天井の高さ」

天井の高さにこだわりはありますか?

家を建てる時に外観や内装のイメージ、部屋の間取り、部屋数など考えなくてはいけないことがたくさんありますよね。

お客様とお話をしていて天井の高さまでこだわる方は少ない印象があります。

吹き抜けにしたいと思っている方は多いのですが、各部屋の高さは業者にお任せの事が多いです。

(もちろんお任せいただければ暮らしやすい最適な天井の高さに設計士やでデザイナーが考えてくれます。お任せください!!)

 

今は天井を高くしたい方が多く、高いと開放感があり室内が広く見えるからと梁や柱を活かして天井を高く作る人が増えてきています。

 

確かにメリットもたくさんありますが、デメリットになることもあります。

 

一般的な戸建て住宅の場合、標準的な天井の高さは2m20cm~2m40cmです。

建築基準法では、天井の高さが2m10cm以上あれば居室として使用できる決まりになっていますが、

マンションでは2m40cmが多いです。

戸建て住宅は建物全体の高さにもよりますが、1階が2m40cm、2階は2m20cm前後が多くなっています。

部屋にあった高さとはどれくらいなの?

まずは玄関です。

玄関は家の第一印象を決める場所なので、天井を高く取ると明るい雰囲気になります。

その一方で、天井の高い玄関は大きなドアが必要になり、費用がかかります。

また、冬は冷気が溜まりやすいので温度差をなくすために天井は高くしない方もいます。

高すぎず、低すぎない2m40cm~2m50cm程度確保しておけば、まず不便に感じることはないです。

 

続いてリビングは家族が常に集まる、間取りが大きなエリアになります。

ゲストを招く場所でもあるリビングは天井の高さをしっかりとると、

開放感のある空間になりますので、人数が集まっても皆さんが過ごしやすくなります。

最低でも2m40cm、できれば2m70cmの高さを取ると採光も良く、明るい印象になるのでおすすめです。

ダイニングの場合はダイニングチェアに座ったときの目線が1m10cmほどなので、2m20cmあれば低い感じはしません。

今はリビングダイニングを希望される方も多いのでリビングの天井は高くして、

ダイニングを低くするなど天井の高さに差をつけてみるとアクセントになりメリハリも生まれます。

 

次はキッチンの天井の高さです。

キッチンの天井の高さはレンジフードや吊り戸棚の高さを考えて設計します。

日本で販売されているキッチンの高さは80cm、85cm、90cm、95cmのいずれかに定められています。

吊り戸棚は60~80cm、レンジフードの高さは50~60cmなので、天井の高さは2m30cmあればいいですね。

キッチンの天井をあまり高くするとレンジフードに手が届きにくかったり、

吊り戸棚が高すぎて使わなくなったりするため、料理をする人の身長も考えて高さを決めるといいです。

 

次は浴室でほとんどの住宅に採用されているユニットバスは高さ180~200cmです。

他の部屋に比べて天井が低いですが、中の室温を保つためには天井が低いほうが快適になりますし、掃除もしやすいです。

和室の場合、天井はあまり高すぎない方が居心地の良い空間になります。

茶室などはこぢんまりとしたつくりになっていますよね。座っている時の方が多いので低い方が安心感はあります。

和室の場合は天井の高さは2m10cmあれば十分です。

リビングの一角に小上がりの和室をつくる方もいらっしゃいますが、

この場合、小上がりの高さによりますが、例えば小上がりの高さを40cmだとすると、

リビングを2m40cm以上にして小上がりを2m10cmにするといいですね。

 

最後にベッドルームです。

主寝室は、天井が低い方がリラックスできます。

天井が低いと狭く感じますが安心感やリラックスができるように天井を低めに設定するのもおすすめです。

ベッドの高さにプラスして1mは必要です。2m10cmあればいいですね。

あなた好みの天井の高さは?

建物全体の高さを考慮したうえで、天井の高さにメリハリをつけることが住みやすい空間づくりと言えます。

また、天井の高低は精神的な部分に影響を与えることもあり、

高すぎても集中力が散漫になりますし、低すぎても圧迫感からストレスを感じることに。

 

部屋ごとに天井の高さを変えることで、どの部屋で過ごしても心から落ち着く空間を手に入れることが出来ます。

費用面のこともあります。こだわりすぎるとコストもかかるので、譲れない部分をピックアップしてみてください。

 

**********************************

「年収350万から建てられる

ちょっとおしゃれなデザイン住宅」

**********************************

お問合せ先 011-312-4798

メール info@kumahome.co

**********************************

インスタグラムも更新中!

https://www.instagram.com/kumahome14
フォローお願いします!!

クマホームイシケン工業株式会社
  • 〒065-0018 札幌市東区北18条東3丁目2-38
  • TEL.011-312-4798 FAX.011-741-0742
会社案内

CONTACT

家づくりのことで悩んだり、気になることがあったり、聞いてみたいことがあったら・・・
まずはご相談だけでも大歓迎です!
理想の注文住宅を建てるなら、まずはクマホームにご相談ください。

TEL011-312-4798
営業時間/9:00~18:00 
年中無休(年末年始除く)

まずは資料がみたい、
メールでお問い合わせしたい方

資料請求・お問い合わせ

セミナーや相談会の
お知らせ

イベント情報

モデルハウスを
実際にみてみたい方

モデルハウス来場予約